麻酔科外来受診

 麻酔科医ほかとの面談は、入院後にある病院も多いようですが、わたしの場合予定手術だったせいか、手術一か月前ほどを指定されて受診しました。歯科衛生士、薬剤師、手術部看護師、麻酔科医師、その後入退院センターの看護師との面談(術前診察のときにアンケートを渡されてそれをみながら話しました)がありました。

 

 歯科衛生士ー麻酔で管を口から気管にいれるので、折れそうな歯がないかどうかチェック。ちょうど前歯のかぶせものをつくっている途中で、手術までに絶対くっつけておいてくださいね!と念を押されました。

 薬剤師ー内服中の薬の確認、いつも薬手帳をちゃんとしていなかったので、受診前にかかりつけ薬局に行って、今内服中の薬についての情報を貼ってもらいました。今後も変わったら貼るようにしよう……。麻酔にあたって内服を中止するべき薬はないかどうか、の確認が主でした。

 手術部看護師ー今困っていること、として、自己判断で漢方飲んでるけど更年期症状が気になる・・・とこぼしたら、〇〇先生(執刀医)、切ることにしか関心ないからね!と同情を示されなんとなくほっとしたことを覚えてます……。あと何話したか覚えてない。

 麻酔科医ー麻酔でのトラブルを経験している血縁がいないか、などの確認を受けました。

 

 そのほかにiPadでスライドショーを見る形式の麻酔全般についての解説を30分ほど視聴、冊子もいただきました。すっごく丁寧でわかりやすく書いてあったけど、こんなに丁寧だと逆に見ないひともいるんじゃないかな、とちょっと心配になったり……。

広告を非表示にする